1. TOP
  2. おすすめしたい脱毛クリニックはココ!:レーザー脱毛クリニック行くならお得なキャンペーンを利用しよう

おすすめしたい脱毛クリニックはココ!:レーザー脱毛クリニック行くならお得なキャンペーンを利用しよう

脱毛クリニック
脱毛クリニック キャンペーン

おすすめしたい脱毛クリニックはココ!

脱毛クリニックに通おうと思っているのなら、お得なキャンペーンを利用しない手はありません。

脱毛クリニック キャンペーン

レーザーによる脱毛を希望する場合にはエステサロンではなく、脱毛クリニックや美容外科と呼ばれている医療機関を選ばなければなりません。

口コミサイトでおすすめの脱毛クリニックを比較したところ、
人気が出るポイントは

  • 「医療スタッフは全員女性である事」
  • 「カウンセリングで話をきちんと聞いてくれて勧誘が一切ない事」
  • 「成功症例件数が多い事」
  • 「万が一トラブルがあった場合はすぐに対処してもらえる事」

などが挙げられており、1つでも多くの条件を満たす所はその分人気が高くなります。

全国にたくさんの店舗を有する会社では、
「施術の技術の高さはクリニックによって違う」
という所もあり、
さらに
「所定の回数を終了しても脱毛の効果が出ない」
場合もあるので、大手だからと安心せず口コミを集めるなどして自分に合うクリニックを探さなければいけません。

さらに予約をしていても待たされるケースもありますので、人気のある所に行く際には時間に余裕を持って行くようにします。

レーザー脱毛

アフターケアが充実の医療脱毛について

体のムダ毛は気になるもので、特に女性はムダ毛を処理することが身だしなみの一つとなっているのが現状です。

そのため、
自分で脱毛を行う自己処理からエステサロンでの施術、クリニックなどの医療機関で医療脱毛など様々な種類のムダ毛処理方法が世の中にはあります。

この中でも最も綺麗に脱毛することが出来るのがクリニックなどで行われている医療脱毛です。

医療脱毛は、高出力の医療用レーザーを使用して毛根細胞を直接破壊することが出来るので、半永久的に脱毛効果が続く永久脱毛をすることが出来るのです。

しかし、高出力のレーザーを使うということは肌への負担もそれなりに大きくなってしまいますので、人によっては肌トラブルなどが出てしまう可能性も考えられます。

ただ医療脱毛は、
クリニックなどの医療機関が行っているため、万一、施術を受けた後になんらかの肌トラブルが起きたとしても、医師の手による充実したアフターケアを受けることが出来るようになっているので安心です。

レーザー脱毛で毛嚢炎になってしまったら

レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応するものですが、照射したら熱が生じて毛根とその周囲にある毛包も破壊することで脱毛していきます。

施術後はケアなども行われるため発生する確率は少ないのですが、毛嚢炎を起こしてしまう人もいます。

原因は毛穴から雑菌が入り炎症を起こすもので、レーザー脱毛を行った直後だけでなく肌が落ち着くまでは、爪で脱毛した部分を引っかいたり不衛生にしないようにします。

毛嚢炎になってしまい、膿が溜まったりしているのであればすぐに病院に行き治療を受けるべきです。抗生剤の内服薬や抗炎症剤の軟膏などで治すことができます。

レーザー脱毛による毛嚢炎が心配な人は、脱毛が終わる数か月の間は肌の表面の雑菌を少なくするため抗菌石鹸を購入しておき使っておけば心配が少なくなります。

初めは小さな白いニキビのようになるので放置しがちですが、痛みを伴ったり炎症が広がって大きくなることもあるので、施術した部分に腫れが見られたら医師に相談しましょう。

レーザー脱毛でよくあるトラブルまとめ

レーザー脱毛は、ムダ毛を照射したい部位にレーザーを照射して発毛組織にダメージを与えて制毛を促す方法です。脱毛クリニックなどで主に採用されている施術方法ですが、トラブルがないわけではありません。

知っておくべきことは、レーザー脱毛で全身すべての毛の処理ができるというわけではないということです。

レーザーは黒い色に反応するという性質を持っているので、メラニン色素を含む日焼けした肌やアザの上に当ててしまうと、やけどや炎症を起こすリスクがあります。

さらに、皮膚を傷つけてしまうとの理由から、粘膜への照射も不適切とされています。

また、レーザーの出力が強いと、そのぶん肌への刺激が増すので、多少の痛みを感じることがあります。

一般的には、ゴムでパチンとはじいたような感覚と例えられますが、痛みに敏感だという人は、カウンセリングの時に麻酔の使用をするか否かについて確認しておくといいでしょう。

レーザー脱毛は、一回の照射で処理が完了するわけではありません。

毛周期に合わせて繰り返す行う必要があり、毛質や部位によっては2年近く要する場合もあります。したがって、根気強くお手入れを続ける必要があります。